CAFE BOOKS WAKUSEI

茨城県地方の貧農勘次一家を中心に小作農の貧しさとそれに由来する貪欲、狡猾、利己心など、また彼らをとりかこむ自然の風物、年中行事などを驚くべきリアルな筆致で克明に描いた農民文学の記念碑的名作である。
漱石をして「余の娘が年頃になって、音楽会がどうだの、帝国座がどうだのと言い募る時分になったら、余は是非この『土』を読ましたいと思っている」と言わしめた。

著 者 : 長塚節
発行年 : 1912年
サイズ : H242mm × W182mm
製 本 : 文庫本 361ページ
出版社 : 新潮社
状 態 : 古本(ほぼ新品)

購入はこちら

2020.11.13 | UP DATE