CAFE BOOKS WAKUSEI

浮き灯台

運がいい、運が悪いという。笑って暮らす人があれば意の如くならないままに一生を終える人もいる。
髪ひと筋の差が生死を分かつことがあるかと思えば、大した禍にも出会わず無事の生活を送る人がいる。

庄野潤三の長編で代表作の一つ
純文学書下ろし特別作品

浮き灯台 | BOOKS