CAFE BOOKS WAKUSEI

ジョン&メリー

独身男女が集まるバーで出会い互いの名前も知らないまま一夜を共にした二人
翌朝には記憶がないが、互いに気を配りながら一日を過ごし
とりとめのない会話をしながらも、次第に惹かれあっていく。

しかし、ちょっとしたことでメリーは帰ってしまい、彼女が残した電話番号をジョンは消してしまう。
後悔したジョンはニューヨーク中を歩きメリーを探す..

1960年代の若い世代の渇いた愛と性を描き出した小説。
男女それぞれの視点から交互にストーリーが進行。
本書を原作として製作された映画「John and Mary」が1969年に公開。

男のモノローグの訳が堅い感じがするのは、もっと読みやすくくだくこともできたが、一人の男のやや混乱した思考状態を原文にできるだけ忠実に写したかったからである。女のモノローグの方は、その率直な性格から、原文もさっぱりしているのでそのとおりにした。(「訳者あとがき」より)

著 者 : マーヴィン・ジョーンズ
発行年 : 1971年
製 本 : 238ページ
サイズ : 文庫本
出版社 : 角川文庫
状 態 : 絶版 古本(経年変色あり)

ストアで見る

ジョン&メリー | BOOKS