CAFE BOOKS WAKUSEI

世の中で一番おいしいのはつまみ食いである

ちぎる、こねる、もむ、むく、つまむ……。手を使うということに徹底的にこだわったエッセイと、レシピの両方が楽しめる料理エッセイ

キャベツをちぎる、ピーマンを割る、水なすを裂く、いわしを開く、さきいかをむしる、手で肉だんごをつくる、豆腐を崩す…。これまで包丁を使っていたことを手でやってみると、料理がとびきりおいしくなることを知っていましたか。手を使って料理する快楽とともにレシピも満載した料理エッセイの決定版。(BOOKデータベース)

著 者 : 平松 洋子
発行年 : 2008年
製 本 : 247ページ
サイズ : 文庫本
出版社 : 文藝春秋
状 態 : 古本

ストアで見る

世の中で一番おいしいのはつまみ食いである | BOOKS