CAFE BOOKS WAKUSEI

Instagram

八月の水 vol.3

奈良で暮らす詩人、西尾勝彦さんが編集人となり作る『旅人と詩人の雑誌 八月の水』の第3号。
詩と紀行文をまとめた爽やかな文芸誌です。

〈創刊の言葉〉
「八月の水」という雑誌を、作ることにしました。
きっかけは、東北大震災と、その後の混乱でした。
これから、どんな時代になるのだろう、と不安になりました。

でも、しばらくすると、
これからは、こんな時代になってほしいと願う方がよい、
と考え方が変わってきました。

そして僕は、直感的に、
「旅人」と「詩人」が見直されるような時代になってほしい、 
と思ったのです。

目先の利益ではなく、
はるか遠くを見つめる「旅人」と「詩人」の存在が、
今後、重みを持つはずと思ったのです。
彼らのまなざしの強さ、そして優しさによって、
少しでも時代がおだやかになればと希望しています。

僕にとって「八月の水」は、ありありと実在しています。
その水源には、いつも快い風が吹いています。

西尾 勝彦

購入はこちら

編集者 : 西尾勝彦
発行年 : 2014年
サイズ : H178mm × W128mm
製 本 : ソフトカバー 100ページ
出版社 : BOOKLORE

2020.09.03 | UP DATE