CAFE BOOKS WAKUSEI

箸もてば

箸もてば、いつかの夕方、いつかの乾杯。ひとくちめのビールが、喉もとすぎる。会えなくなったひとにも会える。
(あとがきより)

作家・石田 千による、つくる、飲む、食べる日々をつづったエッセイ。
年々歳々、食相い似たり、年々歳々、人同じからず。
時のうつろい、四季のうつりかわりととも自然の恵みとどう出合い、どう調理し、食べ、そして飲んだか。
飲食は命を養い、心を支える。食べものへの思い、そして杯を手にすれば、思いおこすあの人たちの声、姿、気配。
生まれたばかりのような繊細なことばで語られる、飲食をめぐる珠玉の掌篇集。

著 者 : 石田 千
発行年 : 2017年
製 本 : ハードカバー 207ページ
サイズ : B6判
出版社 : 新講社
状 態 : 古本

ストアで見る

箸もてば | BOOKS